CMS(WordPress・MovableType)

株式会社木立

受付時間/平日10:00~19:00

ホームページ制作(Webサイトデザイン)
CMS(WordPress・MovableType)

ホームページの制作後、最も重要なのは「更新システムの操作性・保守性」です。

世界標準×日本国内シェアの最も高いWordPressを始め、ご希望により、小規模サイトのSEOに強いとされるMovableTypeを推奨しています。

※ネットショップは「EC CUBEでつくるネットショップ」ページをご覧ください。

※大規模サイト、オリジナルシステムについては「オリジナルCMS開発」ページをご覧ください。

WordpressとMovableTypeの比較
MovableTypeWordPress
ライセンス 有償ライセンスのみ。(個人無償) GPL(無償・商用可)
開発言語 Perl PHP
ページの生成方法 動的生成・静的(HTML)生成 動的生成
ページ表示速度 HTMLファイル生成のため、ページ表示速度が早い。 設置サーバによりページ表示速度が遅い場合がある。
SEO対策 HTMLファイルのため強い。 SEOプラグインで対応
再構築 必要。処理時間がかかる。 不要。直ちに反映
特 性 再構築・開発言語・独自タグ・有償ライセンスにより採用は限定的 導入企業が圧倒的に多い。
カスタマイズ・拡張性 有償プラグインで対応 独自開発など自由度が高い。

WordpressとMovableTypeの比較

弊社では、2005年よりMovableTypeを採用し開発を進めてまいりました。当時は無償ライセンスも存在し、社内にカスタマイズの技術力さえあれば、SEOに強いMovableTypeの選択は非常に有益でした。

しかし、Webサイトの大型化に伴う再構築時間の消費、有償ライセンスへの完全移行、独自タグ開発を背景とした技術者不足などが課題となり、日本国内での支持は圧倒的にWordPressとなり、企業導入シェア(企業導入)の差はさらに広がっています。

しかしながら、MovableTypeも様々な改良と多様なラインナップが発表され、クラウド時代の国内CMSを牽引していることは間違いなく、Webサイトの規模や構造・目的に合わせて選択が可能です。

オリジナルCMS開発との比較

独自のCMS開発は高額だと考えている企業様が殆どですが、実はその差はわずかな場合も多く、要件定義という設計次第では、ランニングコストを含めるとオープンソース系システムと比較して下回る場合があります。

Movable TypeWordPressKODACHI オリジナルCMS
構築費用 ライセンス+構築費 構築費 要件定義+開発費
導入傾向 小規模+SEO優先 中規模+限定的な更新 中~大規模・業務効率をシステムで解決
業務との関連機能 低い。 低い。 非常に高い。自由自在
操作性 既存画面に依存 既存画面に依存 非常に高い。
独自機能の付加 連携は困難 連携が可能 柔軟に対応可能
多機能性 限界がある 限界がある 複雑なシステムでもシンプルに設計可能
オリジナルCMS開発を見る

ページのトップへ