小規模事業者持続化補助金導入で売上増☆沖縄のお土産店の成功事例

小規模事業者の定義とは
小規模事業者持続化補助金は、以前から沖縄のお土産品店など、小規模事業者で利用する人々も多い補助金制度でした。

この小規模事業者持続化補助金に、2020年はコロナ対策のための特別枠【コロナ特別対応型】が創設されたとなれば、対象となる個人事業主や小規模事業者なら、賢く利用してウィズコロナ時代の波に乗りたいと考えるのは当然ですよね。

通常の【一般型】と比較すると、限度額も2倍の100万円までアップしていますし、内容がウィズコロナ時代へ向けた対策であれば、補助率も1/2→3/4まで上がるのが、今回の【コロナ特別対応型】の特徴です。

今回は小規模事業者持続化補助金を沖縄のお土産品店が導入した成功事例を、説明とともにお伝えします。

 

小規模事業者持続化補助金導入で売上増☆
沖縄のお土産店の成功事例

 

お土産物販店も販路開拓に取り組む


お土産物販店も販路開拓に取り組む
そもそも「小規模事業者持続化補助金」制度は、(沖縄に限らず全国的に)新たな販路開拓を目的としたコストを対象とした補助金でしたが、今回の【コロナ特別対応型】では、「非対面型ビジネスモデル」への移行に対する援助が謳われています。

【 小規模事業者持続化補助金☆沖縄事業者が理解したい「目的」 】

☆ 【コロナ特別対応型】では、コロナの影響を受けている業者が、感染力が強く直接お客様と対面しての営業や接客ができない今回の状況下のなかでの、新たな販路開拓を応援しています。

→ ですから特に、ECサイト(ネットショップ)やリモート営業・接客と言った、直接対面しない「非対面型ビジネスモデル」を中心とした、新たな販路開拓を推奨し、積極的に向き合う小規模事業者に対して、手厚い支援を行ってくれる制度です。

 

そのため【コロナ特別対応型】の小規模事業者持続化補助金は、沖縄の観光業(小規模事業者)ほど、利用価値が高い制度と言えます。

今沖縄では観光客は激減し、国際通りなど観光地のお土産品店も休業をやむなくされるなど、多大な影響を受けている現状ですが、今後のコロナの動向は未だハッキリとしません

体力的に弱っている今、自費で新たな販路開拓(非対面型ビジネスモデル)への移行のために資金を投入することは、個人事業主や小規模事業者にとっては、リスクが大きいですよね。

ですから、従来よりも審査が緩く採択されやすいうえ、限度額も補助率もアップしている、小規模事業者持続化補助金【コロナ特別対応型】の申請ができる今は、ピンチをチャンスに変えるタイミングとも言えます。

 

ITを有効的に活用する取り組み


ITを有効的に活用する取り組み
【コロナ特別対応型】小規模事業者持続化補助金を沖縄のお土産品店が導入した事例では、やはりネットショップ(ECサイト)を開設したケースが多いです。

なかでも飲食店がテイクアウト用の商品開発を進めた事例に始まり、コロナ禍が長引くなか、最近ではテイクアウトを超えて、国内や海外まで食品を送ることができるよう、真空パックなどの商品開発を始めて成功した事例が、すでに出始めました。

(もちろん、もともとレトルトの沖縄料理を販売している業者では、さらに業績を上げている状況です。)

お土産品店でもこの事態を受け、「郵送しやすい」「ギフトにしやすい」商品開発をネットショップ(ECサイト)導入とともに試行錯誤しています。

【 小規模事業者持続化補助金☆沖縄お土産店の取り組み 】

★ 【コロナ特別対応型】小規模事業者持続化補助金を、沖縄の事業者が採択されるためには「ITを有効的に活用する取り組みを持っているか」がポイントです。

・ 商品の工程を動画で紹介しながらネット販売 … 例えば、やちむんや琉球ガラスでは、作者の制作過程を動画で流すことで、その価値をより理解してもらえます。

・ オリジナル販売 … 缶カラ三線などでは、缶・柄など、ネット上でいくつかの組み合わせを楽しみ購入できるようにすることで、ネット上ながらちょっとした手作り体験を味わう点が魅力です。

・ リモート接客によるお守り販売 … 沖縄はスピリチュアルの島としても有名です。マース袋パワーストーンを販売している店舗では、リモートにてお客様の話を聞き、要望に合わせた商品を販売する、リモート接客スタイルが功を奏しました。

・ 手作りキット販売 … 沖縄では「手作り体験教室」も多くありますよね。けれどもコロナ禍では直接対面しての指導が難しい状況です。手作りキットの販売で体験教室を味わってもらうお土産店も現れました。

・ 封筒で気軽に贈る「プチギフト」販売 … ネットショップを利用して赤瓦コースターや、沖縄ハーブティーなど、「気軽に封筒で送ることができるプチギフト」シリーズを展開するプランニングも見受けられます。

 

手作りキット販売では、ウクレレと三線を組み合わせた「サンレレ」などでも、手作りキットが販売されていますので、なかには本格的なものも多いです。

Youtubeなどの動画を利用して、制作過程を分かりやすく指導していますが、この制作過程を伝えたYoutube動画自体がヒットすれば、そこから売上アップにつながる可能性も出てきます。

最後にお伝えした「プチギフト」セットは、「コロナ禍の今だからこそ、気に掛かる友人・知人に(8月時点では)暑中見舞いのご挨拶はいかがでしょうか?」などのフレーズで宣伝をしたところ、思いの外売れました。

特に小規模事業者持続化補助金を利用できる沖縄の小規模事業者には、月桃などを利用した沖縄ならではの石鹸販売業者も多いです。コロナ禍の今こそ「沖縄石鹸」をプチギフトにして販売するアイデアも見受けられます。

このような成功事例を見ていくと、小規模事業者持続化補助金を沖縄のお土産店で賢く導入するには、自分達の魅力を分析したうえでの、ちょっとしたアイデアが大きな分かれ道になりそうです。

店舗での対面式接客をずっと行ってきた店舗では、そもそも観光客がいない事態に不安も残りますが、まずは「来店客がいなくてもノープロブレム」となるような、通販事業アイデアをあれこれと出してみてはいかがでしょうか。

 

戦略的ホームページ制作


戦略的ホームページ制作
小規模事業者持続化補助金は、沖縄業者にとって返金しないでもOKのお金なので、思い切り活用できますよね。ただ時にあぶく銭になりがちなので、「売り上げを絶対にアップさせる!」となるようなモチベーションの有無によっても成否が分かれます。

今、小規模事業者持続化補助金を沖縄業者が導入した事例では、ホームページ作成費用やリニューアル費用がダントツです。ただし「情報の海」に埋もれないように、ホームページ作成には専門的なノウハウが必要な点は否めません。

【 小規模事業者持続化補助金☆沖縄土産店の事例 】

☆ 数カ月が過ぎた現時点で最も多い成功事例は、日々情報を更新できる「ワードプレス」の導入seo対策です。

→ ワードプレスの導入により「一度ホームページを作って終わり!」ではなく、沖縄観光や自社の商品など日々さまざまな情報を発信できます。

 

ネット情報の海に埋もれないためには、お客様候補となる人々が検索エンジンで検索した時に、検索上位に上がることが大切ですが、この対策を「seo対策」と言い、この対策を施すためにもワードプレスは大変有効です。

ただ、お土産店はネット集客のプロではありませんので、小規模事業者持続化補助金を沖縄業者が利用して、ホームページ作成やリニューアルとともに、seo対策までお願いをすることで、ネット集客をサポートしてくれます。

観光客がお店の前を通り、店構えや店員さんの魅力的なトークで勝負できなくなっているコロナ禍では、小規模事業者持続化補助金導入により沖縄業者が成功している事例を分析してみると、ほとんどが戦略的ホームページ作成と向き合っているのが現状です。

 

専門性の高いサイト


専門性の高いサイト
とは言え、ある程度ネット集客に長けた業者であれば、沖縄に限らずほとんどの人たちがワードプレスを利用しています。

経験と知識を積むことで、ワードプレスなら自分で簡単に更新をすることができますし、SEO対策も取れるかもしれません。ただ、それだけでは戦略的ホームページ作成ができたとは言えません。

【 小規模事業者持続化補助金☆沖縄土産店・成功ポイント 】

☆ お土産物販店で成功した複数のケースでは、まずターゲットをしっかり絞って対策を取っていました。

→ そのうえで、ターゲット層が喜ぶ商品を1点・2点ほどに絞りこれをメインとし(シリーズ展開などはアリ)、その魅力を動画やコラムなどで解説しているネットショップが成功しています。

 

何でも雑多に並べると、ネットショップでは他のお店との差別化がしにくくなるため、なかなか相手の目に留まりません。声やアクションで気を引くことができませんから、自分達のお店の個性を強く押し出す方法が向いています。

【 小規模事業者持続化補助金☆沖縄土産店の注意点 】

☆ ネット集客に慣れない場合、インターネット戦略を考えると、「全国の人たちがネットの先にいる」と感じるので、多様なお土産品を販売したいと考えがちです。

→ けれども広い範囲でネットショップを展開した事例では、あまり成功しない結果が出ています。

 

成功のポイントは、ある特定の商品・サービスについて、専門性の高いサイトを作ることです。

 

見込客→購入客→リピート&口コミ客の流れ


見込客→購入客→リピート&口コミ客の流れ
さらに小規模事業者持続化補助金を利用した沖縄のお土産店の成功例を見ると、まずはお客様に対してファーストアクションを仕掛けています。

【 小規模事業者持続化補助金☆沖縄土産店で流れをつかむ 】

☆ お客様はホームページを訪問しても、サラリと去って行ってしまうかもしれません。

→ しかし「お試しサンプルがある」「無料小冊子を配布!」となると、モチベーションが上がりやすく、そこにしばらく留まってくれることが多くなります。これが有効的ファーストアクションです。

 

また、一度購入してもらったお客様に対しては、リピート・口コミが生まれやすいようにメールマガジンとかSNSなどでフォローする姿勢も必要不可欠です。

 

いかがでしたでしょうか、小規模事業者持続化補助金を沖縄のお土産店が賢く導入して、売り上げアップにつなげていくために、いくつかの成功事例をお伝えしました。

ただこの小規模事業者持続化補助金は補助金制度ですので、給付金とは違い申請をした後審査が行われ、採択を受けなければなりません。

【コロナ特別対応型】の創設を受けて、沖縄ではこの申請や非対面型ビジネスモデルへの移行をサポートしてくれる登録支援業者がありますから、まずはこの支援業者へ相談すると安心です。

ホームページ制作会社など、ITに長けた業者がサポートしているケースが多いので、アドバイスも受けることができ、一石二鳥と言えるのではないでしょうか。

株式会社木立は2020年の採択率100%を誇る支援業者です。

【沖縄県】小規模事業者持続化補助金支援サイト


 

まとめ

小規模持続化補助金の導入成功事例とは

・【コロナ特別対応枠】を利用してネットに販路を見出す
・ITを有効的に活用する取り組みが補助金採択のポイント
・戦略的ホームページ制作に取り組むことで集客に繋がる
・特定商品とかサービスに対して専門性の高いサイトを意識
・見込客~購入客~リピート&口コミ客の流れを作る