沖縄飲食店のIT導入補助金導入事例☆コロナ禍を抜けるアイデア

沖縄飲食店のIT導入補助金導入事例☆コロナ禍を抜けるアイデア
沖縄の飲食店がIT導入補助金により、ITツールを導入することで、コロナの影響を多大に受けた現状を、少しでも乗り越えることができれば、まずはホッとしますよね。

そして、今後どうなるか分からない「ウィズコロナ」の時代に備えるための費用が、国の補助金で補填できるとなれば、これは利用しない手はありません。

沖縄の飲食店がIT導入補助金によって利用できるITツールは、「何でもアリ」とは行きませんが、認められたITツールを賢く利用してアイデアを持ち寄ることで、コロナ前の売上まで回復することはできないことではありません。

実際に沖縄の飲食店ではIT導入補助金を有効的活用して、V字回復をしている事例もあります。そこで今回は、ウィズコロナ時代にも対応できる沖縄の飲食店がIT導入補助金を利用した、ITツール導入事例をいくつかお伝えします。

 

沖縄飲食店のIT導入補助金導入事例☆
コロナ禍を抜けるアイデア

 

IT導入補助金は飲食店でも活躍


IT導入補助金は飲食店でも活躍
沖縄の飲食店もまずは、「ITの導入補助金」がどのようなものかを理解する必要はありますよね。ここでは大まかな概要をお伝えしますので、ご参照ください。

※詳しくは別記事「IT導入補助金導入で沖縄を全国発信!コロナに勝つ方向転換」などでもお伝えしています。

【 沖縄で活用したい「IT導入補助金」と、その目的 】

☆ IT導入補助金とは、全国の中小企業(個人事業主や小規模事業者など)がITツールを利用して、新たなビジネスモデルへシフトチェンジし、活性化するための支援を目的としています。

→ 指定の(※)ITツールを導入することによって、補助率最大2/3・上限100万円の補助を受けることができる点が特徴です。

 

2020年度の特別枠(コロナ対応)では、従来のIT導入補助金よりも採択率も高く内容も緩くなっています。従来の枠では最大補助率が最大1/2、限度額も上限50万円でしたが、上記のように大幅にアップしている点は注目したいポイントではないでしょうか。

ただし沖縄の飲食店がIT導入補助金を利用するには、導入するITツールは何でも良い訳ではありません。

(※)補助金運営事務局から承認を受けているツールを導入する必要があるので、沖縄の飲食店も、予めIT導入補助金を謳った業者から選ぶことをおすすめします。

【 沖縄で活用したいIT導入補助金☆適用できる内容 】

☆ ITツール以外にも、遠隔やリモートなど、直接会わないビジネスシステムを構築するために必要な経費は、IT導入補助金の適用が可能です。例えば…、

・ クラウドサービスの導入や初期費用
・ 教育やコンサルティング費用

…などなどがあります。

 
ですから、キャッシュレス決済ECサイト(ネットショップ)システムなどの導入ではなくても、既存ホームページのコンサルティングや、クラウドシステムの採用でも、IT導入補助金を検討してみてはいかがでしょうか。

 

「スタッフがいないから大変!」問題を解消


「スタッフがいないから大変!」問題を解消
コロナを受けて飲食店では、スタッフ不足の問題に悩まされる店舗も少なくありません。ソーシャルディスタンスを保つため、また、スタッフを半分に分けたシフト制を組むようになった店舗も多いからです。

けれども、コロナの状況は日々変化しますので、思いがけずお客様が多くなると、少ないスタッフでてんやわんやしてしまう事態も起きています。

緊急事態宣言も少し落ち着き、せっかくピーク時にお客様で賑わいを見せても、以前と違い食事がなかなか提供できないとなれば、評判を落としてしまうことにもなり兼ねません。

【 沖縄で活用したいIT導入補助金☆混雑を解消 】

① セルフオーダーシステム

→ 個人店舗でもITツール「セルフオーダーシステム」導入により、お客さま自身がテーブルに備えられてあるタブレット端末から料理を注文でき、少ないスタッフで稼働しやすくなります。

② ネット予約システム

→ お客様がスマホを通して店舗のホームページを訪れ、ITツール「ネット予約システム」を利用して時間予約ができることで、予めお客様のご来店を把握できて、ソーシャルディスタンス少人数スタッフでの接客が実現するアイデアです。

 

ネット予約システムを利用した沖縄の飲食店では、当初完全予約制を取っていたため、当日来店のお客様はお待たせすることになり、店先で予約システムとクーポン券をご紹介しました。

【 沖縄で活用したいIT導入補助金☆ドライブスルー 】

☆ また、このネット予約システムを利用した「ドライブスルー」サービスを始めた飲食店もあります。

→ 個人店舗のため大掛かりなドライブスルー設備は準備できません。そのため予約システムで指定された時間に、スタッフがテイクアウトの食事を持って店頭で待ち、ドライブスルーサービスを実現しました。

 
このようなお客様ご自身によるセルフオーダーシステムは、結果的にスタッフとお客様との接触が少なくサービスを提供できるメリットもあります。

コロナ対応枠ではタブレットなどのハードウェアも適用されるので、注文するタブレットまで用意できれば、今すぐにでもこれらのシステムを活用できる点も魅力です。

 

在庫管理・会計管理システムを導入


庫管理・会計管理システムを導入
しばしば沖縄の飲食店ではIT導入補助金を利用して、「在庫管理会計管理システム機能を構築したい」との声が聞こえます。

この例では、コロナ感染予防策としてお客様の出入り毎に消毒作業などの手間暇が増えるなか、ソーシャルディスタンスによりスタッフ自体は削減しなけらばならないことが遠因です。

コロナの影響は別としても、そもそも経理や在庫管理を苦手とする小規模事業者も少なくありません。また、そのために「繁盛はしているのに売上計上ができない…」などの店舗も小さなお店の事例ではあります。

そのような沖縄飲食店では、IT導入補助金制度をこの機会に利用して、在庫管理や会計管理システムツールを導入してみてはいかがでしょうか。

【 沖縄の飲食店がIT導入補助金を利用☆管理システムの導入 】

☆ 在庫管理や会計管理システムを導入し、作業効率をアップできるよう利用することで、仕入原価が商品の価格に対しマッチングしているかを、日々より明瞭にチェックできる点が魅力です。

→ また会計シーンでは、沖縄の飲食店で好評なIT導入補助金を利用できるツールがあります。それが「キャッシュレス決済」ツールです。コロナ禍でより感染リスクを減らすことができるツールです。

 

キャッシュレス決済はコロナ禍では、より接触機会を減らす効果がありますが、一方で以前から広がっていて、中国の都心部ではほとんどお金を持ち歩かない…、とも言われます。

スマホなどを利用したキャッシュレス決済は、国が進める方針でもあるため、インバウンドも多い沖縄の飲食店では、IT導入補助金が下りやすいこの機会に、補助金を利用して導入してしまうのも良いのかもしれません。

 

クラウド上でスタッフの給与が一目瞭然


クラウド上でスタッフの給与が一目瞭然
今後お客様の人数が予測できないコロナ禍では、スタッフを雇うことをフレキシィブルに対応している飲食店もあるのではないでしょうか。長時間アルバイトをしているスタッフもいますし、そうではないスタッフもいます。

老舗では、スタッフの給与管理を手作業でしている店舗も多いのですが、この作業をITツールに任せて作業効率アップを計るアイデアも一案です。

【 沖縄の飲食店でIT導入補助金を利用☆スタッフ管理 】

★ コロナの影響でスタッフを削減するなど大きく雇い方も変化するなか、オーナーとしては感染対策や集客アップの新しいビジネススタイル構築まで、考える事柄が山積みです。

→ そこで、給与計算・給与明細・スタッフの勤怠管理はクラウド上で確認できるシステムに任せることで、オーナーの余力が生まれるのではないでしょうか。

 
今後、どのような業務形態へ進むのか、コロナの状況を見ながら柔軟に対応しなければならない今、信頼できるスタッフこそ、今後の大切なポイントとなるかもしれません。

こぼれることのないよう、スタッフ管理こそ、沖縄の飲食店ではIT導入補助金を利用するのも一案です。

 

ネットでの集客に力を入れる


ネットでの集客に力を入れる
一人に一台スマホ時代に突入し、誰もが「ネットで調べてから行く」ようになりました。そのためリピートのお客さまには接遇や行き届いたサービスがポイントになるものの、一元のお客様には「ネット集客」が大きな成功のカギと言えます。

【 沖縄の飲食店がIT導入補助金を利用☆ネット集客 】

★ ネット集客には下記のような方法が有効です。

・検索エンジンの上位に上がるSEO対策
・Googleマップを利用した、ローカルSEO対策(※)
・FacebookやGoogle+・インスタグラム・TwitteなどのSNS
ネット広告(リスティング広告など)

 

…補助金には「新しい販路開拓」に当たるネット集客も適用しますが、(※)Gooleマップを利用したローカルSEO対策は、Googleマップ上に適切な情報を入力していく集客方法なので、お金を掛けない対策を取ることも可能です。

次にお金を掛けない方法としてハッシュタグを入れて発信することでニーズがマッチングするSNSがありますが、SNS発信を外注する方法の他、システム導入で発信しやすくする方法もあります。

 

いかがでしたでしょうか、今回は沖縄の飲食店がIT導入補助金を賢く利用するための、今沖縄の飲食店で注目される、人気がたかいITツールやシステムをお伝えしました。

特に飲食店のテイクアウトは緊急事態宣言から間もなくして多くの店舗が挑戦しましたが、ここでの成否に分かれるポイントがネット戦略でした。

外部のサービスと連携してテイクアウトの割引クーポンを発行することで、広く宣伝をしたり、お金が掛かるリスティング広告を最初の一時期だけ華やかに出して、興味のある人々にメール登録を一気にしてもらう戦略も見受けられます。

また、沖縄は観光客を対象としていますので、発送ができるメニュー開発などもひとつの方法かもしれません。
 

まとめ

飲食店のためのIT導入のアイデア

・IT導入補助金は非対面式ビジネス移行への支援が目的
・セルフオーダーシステム
・ネット予約システム
・在庫管理や会計管理システム
・キャッシュレス決済
・スタッフ管理システム
・ネット集客を楽に進めるシステム構築