ものづくり補助金(コロナ特別枠)でできること☆3つの事例

ものづくり補助金(コロナ特別枠)でできること☆3つの事例
ものづくり補助金(コロナ特別枠)は、2020年に突然到来した新型コロナ感染拡大のダメージを多大に受けた小規模事業者や中小企業にとって、IT化の流れに乗るキッカケとして、ぜひ申請したい補助金制度ですよね。
 
それだけに第1回の公募から2回、3回と申請事業者が殺到し、とうとう次回の第4回をもって最終締め切りとなることが発表されました。第4回締め切りは2020年12月18日と迫っていますが、何とか駆け込み申請を検討している企業も多いです。
 
中小企業や小規模事業者の革新的な新製品・新サービスを応援する制度が、今回のものづくり補助金(コロナ特別枠)です。
 
このものづくり補助金(コロナ特別枠)は、持続化補助金やIT導入補助金ではできない補助事業の経費までカバーするという優れもので、まさに事業者の経営を完全リニューアルできる補助金と言えます。
 
そこで今回は、2020年12月18日締め切りに向け、ものづくり補助金(コロナ特別枠)でできることは何かについてお伝えします。
 

 

ものづくり補助金(コロナ特別枠)でできること☆
3つの事例

 

ものづくり補助金(コロナ特別枠)とは


内で製造する事業計画
ものづくり補助金(コロナ特別枠)は100~1000万円の範囲で、サプライチェーン毀損の対応に関しては3分の2、非対面ビジネスへの転換またはテレワーク環境の整備に関する設備投資については4分の3の経費補助のための交付金を受け取れる制度です。
 

【 ものづくり補助金(コロナ特別枠)☆ネジ製造業の事例 】
 
★ 例えば、ネジを製造する事業者がコロナ禍のために売り上げが減少したとします。
 
→ 従来のルート営業から広く販路開拓するため、オンライン受発注のためのシステム導入を検討、費用が400万円かかった場合には、300万円の交付金を受け取ることができます。
 
※ 結果、事業者の初期投資は100万円で非対面ビジネスへの転換が可能です。

 

ものづくり補助金(コロナ特別枠)の詳しい説明は別稿に譲りますが(※)、いずれにしても本補助金の狙いは「コロナ禍においても革新的な新製品・新サービスを生み出すことで売上向上を目指す」アグレッシブな目的で用いられる補助金です。
 
この点で同じコロナ特別枠でも持続化補助金やIT導入補助金とは性格が異なります
 
(※)ものづくり補助金(コロナ特別枠)の制度自体の詳しい説明は、別記事「沖縄人気のものづくり補助金【コロナ特別枠】とは?【一般型】との違い」などをご確認ください。
 

 

ものづくり補助金(コロナ特別枠)の採択率


沖縄でものづくり補助金【コロナ枠】駆け込み申請のポイント
厳しいことをいうようですが、ものづくり補助金(コロナ特別枠)の採択率は著しく低いです。
 
実は、そもそもコロナ枠が新型コロナの影響で経済的なダメージを受けた中小企業を対象にして、事業維持のための支援を目的としていたため、従来のものづくり補助金よりも、審査基準は緩い傾向にありました。
 
そのため、ものづくり補助金(コロナ特別枠)も公募当初は採択率も従来よりも高い傾向にあったのですが、公募回が進むにつれて申請が殺到し、一気に採択率が下がったのが現状です。
 
そのため、公募当初のものづくり補助金(コロナ特別枠)では、全5回に分けた公募を予定していたものの、11月に急遽、次回第4回をもって最終締め切りとなることが発表されています。
 
ちなみに、第4回の最終締め切りの発表とともに締め切り延長も伝えられました。第4回申請受付締め切りは、2020年12月18日(金)17:00です。
 

【 ものづくり補助金(コロナ特別枠)☆採択率 】
 
★ 直近の第3回では採択率は23.5パーセントでした。かなり低い採択率ですよね。
 
→ この採択率の難易度は、IT導入補助金の申請の難易度が最も低く、持続化補助金はその3倍、ものづくり補助金(コロナ特別枠)では10倍とも言われます。
 
※ ものづくり補助金(コロナ特別枠)の難易度が高い理由は、やはり最大1000万円までの多額の補助を受け取れることではないでしょうか。

 

また、コロナ禍を逆にビジネスチャンスに変えるアグレッシブな性格に起因するからだといえます。
 
しかし採択のハードルが高いとはいえ、多額の補助金による自社の経営のリニューアルによりコロナ禍においてもビジネスチャンスをつかみ取ることができる魅力的な補助金であることは間違いありません。
 

 

設備投資の経費補助


経営革新のための設備投資として認められること
ものづくり補助金(コロナ特別枠)も一般枠と同じく新製品・新サービスのための設備投資に使われる補助金であることは変わりありません。
 
機械装置やシステム構築費をはじめとして、技術導入やそのための専門家経費、運搬費や原材料費、外注費や知的財産などの関連費用といった諸費用を補助できます。
 
もっともこれらの設備投資が「革新的な」新製品・新サービスを生み出すためであることが必要であり、この点でハードルが高くなっています。
 

【 ものづくり補助金(コロナ特別枠)☆生菓子店 】
 
★ 一例を挙げると、生菓子の製造販売を手掛ける会社が日持ちを長くするために特別な密封機械を導入し、全国流通させることを可能にしました。
 
→ これにより売り上げが増加したそうです。

 

ものづくり補助金(コロナ特別枠)が採択されるのには、その事業計画が業界において革新的で新鮮なものであることを挙げることができます。
 

 

その2:広告宣伝費・販売促進費


いつも利用してくれる常連のお客様に対して
ものづくり補助金(コロナ特別枠)では広告宣伝費や販売促進費も対象経費として計上することができますが、この点が(一般枠)との大きな違いです。
 
そしてものづくり補助金(コロナ特別枠)が、他の補助金が出来ない補助事業までカバーしてくれる優れものと言われるゆえんでもあります。
 

【 ものづくり補助金(コロナ特別枠)☆広告宣伝費 】
 
★ 事例として挙げると、ものづくり補助金(コロナ特別枠)で自社サイトを立ち上げたケースが分かりやすいです。
 
→ そのサイトの構築費に加え、会社の宣伝や従来からの製品やサービスの販売促進にかかる費用までカバーしてくれます。

 

つまりIT導入補助金と持続化補助金のメリットを複合させたのがものづくり補助金(コロナ特別枠)です。
 

 

その3:事業再開枠


抗ウイルス施工による制菌効果は選りすぐりのコロナ対策
そして、ものづくり補助金(コロナ特別枠)を申請し採択された場合には、そこに併用して申請できる(事業再開枠)があります。
 

【 ものづくり補助金(コロナ特別枠)☆(事業再開枠) 】
 
★ ものづくり補助金(コロナ特別枠)と併用申請できる(事業再開枠)は、小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)でも併用申請はできますが、(事業再開枠)単独での申請はできません
 
→ (事業再開枠)では、コロナ感染拡大防止のためアクリル板や消毒液の設置、社内のレイアウトなどに必要な経費を50万円までの範囲で上乗せできる仕組みです。

 

これは持続化給付金で賄うものですが、ものづくり補助金(コロナ特別枠)の1度の申請で給付金でカバーされる経費まで交付されるため、手続き的に便利なものといえます。
 
 

 

いかがでしたしょうか、今回はものづくり補助金(コロナ特別枠)の交付金でできることをお伝えしました。
 
ものづくり補助金(コロナ特別枠)は他の補助金でできることを一つにまとめたものといえ、それゆえ多額の補助金額と高いハードルが設定されています。
 
それゆえにものづくり補助金(コロナ特別枠)を受け取るメリットは多大なものですが、採択率が低い点は気に掛かりますよね。
 
コロナ禍の現状では多くの事業者が、認定を受けた補助金申請サポート業者へ相談や依頼をしています。
 
株式会社木立はコロナ禍の補助金申請において、100%の採択率ですので、まずは一度相談をしてみてはいかがでしょうか。
 
 

まとめ

ものづくり補助金コロナ特別枠は
すべての補助金を1つでカバーできる優れもの

・ものづくり補助金コロナ特別枠の紹介
・交付のハードルは著しく高い
・他のすべての補助金のメリットをカバー